結婚式で好印象を

昼間と夜間の結婚式の違い

トップ / 昼間と夜間の結婚式の違い

夜の結婚式のドレスについて

夜の結婚式に招待される機会が多いです、昼間の結婚式よりもドレスアップをして華やかにすることが大切です。背中や胸開いたデザインで、光沢のある素材のイブニングドレスを着用するようにして、靴のヒールは高く、アクセサリーは華やかな印象のものを着用するようにしましょう。あくまでも、主役は花嫁なので、上品な華やかさを演出できるファッションを身に付けるようにして、白は避けるようにしましょう。夜の挙式の場合は、新郎、新婦やゲストの方に好印象を持ってもらえるようなファッションを身に付けるようにしたいものです。ヘアスタイルもアップスタイルがお勧めです。昼間の結婚式よりもドレスアップをして華やかにすることが大切です。

冠婚葬祭のドレスマナー

結婚式に招待されて行く際のドレスにも、様々なマナーがあります。まず色ですが、花嫁が着る白のドレスや、弔辞を思わせる黒一色の服装、花嫁よりも派手な色は避けます。次に、丈は短すぎない膝下丈以上が一般的です。あまり短すぎるものは避け、全体的に露出は控えめにします。肩の出る服の場合はショールやボレロ、ジャケットを羽織るようにします。ただし、これは昼間の式の場合です。夜の式の場合は、昼の装いよりも露出が多めでもかまわないとされています。最後に素材についてですが、結婚式では殺生を連想させる皮や毛皮素材でできたものは避けた方がよいとされています。

© Copyright 結婚式のご祝儀と贈り物. All rights reserved.