神前式のスタイルとは

神前式が今人気の理由

トップ / 神前式が今人気の理由

人気の挙式スタイルは神前式

挙式には、神前式、教会式、人前式があります。教会式は、チャペルで神父か牧師の前で誓いの言葉を述べます。参列者の前でバージンロードを歩いたり、誓いのキスをするので、どうしても苦手な人は違うスタイルを選ぶと良いでしょう。人前式は、アメリカなどで良く見るスタイルで、パーティーに集まってくれた人達の前で相手への愛の言葉を語ったり、参列者を証人として、永遠の愛を誓います。そして神前式は、日本の伝統を重んじるスタイルで、神社や神殿で両家の繋がりを深め、神様の前で結婚の契りを交わすものです。

神前式の結婚式について

”神前式結婚式”と聞くと、何百年も昔からある、非常に伝統的な挙式スタイルであると思われる方も多いと思いますが、そのルーツは意外と新しく、後の大正天皇が皇太子の時に挙げた御婚儀のスタイルを、庶民向けにアレンジし、生まれたものであると言われています。神前式結婚式は斎主である神主が執り行い、親兄弟や親族、媒酌人が主な参列者となります。格調が高く、親世代に最も浸透している挙式スタイルであることから、周囲の理解を得やすいのが特徴です。

© Copyright 結婚式のご祝儀と贈り物. All rights reserved.